レディー

鼻の美容整形を受けてみよう|口コミでも話題の施術法・美容外科

メリットとリスク

鏡を見る女性

鼻を高くしたいという理想を抱く人は多く、美容整形でも人気の施術です。最近では切開しなくても鼻を高くできる施術法もあり、選択肢の幅が広がっています。ヒアルロン酸を注入して高くする施術法は、切開せず気軽に受けられるということもあり、人気のある施術です。注入したヒアルロン酸も、時間が経てば体内に吸収されるため、安全性も高いと口コミの声もありました。しかし、ヒアルロン酸を注入する美容整形には失敗例もあります。一度だけではなく期間を開けて数回注入するので、鼻の形が左右で変わり、太くなってしまうということがあります。また、完全に体内に吸収されずたるんでしまうということもあります。ほかの施術法に比べて費用が安く気軽に受けられるところが魅力的ですが、こういうリスクもあるということを知っておきましょう。

昔からある施術法ではプロテーゼを使用して高さを出す施術があります。プロテーゼは人の軟骨のような柔らかさがあり、自分の鼻に合わせて長さや形を調節できます。そのため、自分の理想に近い高さを出すことが可能です。施術前のカウンセリングでは、3D画像を使用して施術後のイメージを固めるなど、細かく打ち合わせを行ないます。麻酔をしてから施術を開始し、数十分で終了します。施術後は腫れる場合もありますが、2週間程度で引いていきます。プロテーゼを使用した美容整形では、きれいに挿入できていないと鼻が曲がってしまうことがあります。最悪の場合は飛び出してしまうこともありますので、この施術法を受ける際には経験豊富な医師がいる美容外科で受けることをおすすめします。医師に関する情報も口コミで確認できるので、参考にしてください。失敗を避けるためにも、信頼できる美容外科・医師を探し、カウンセリングでよく相談したうえで施術を受けるかどうかの判断を行ないましょう。

これらの施術のほかにも、骨を削る鼻切り幅寄せという施術法があります。鼻筋を細くし、高くする効果があります。こちらもプロテーゼと同じように、カウンセリングでは画像を見ながら高さなどを調整していきます。そして全身麻酔を行ない、施術を開始します。施術後は腫れを抑えるために冷やし、1週間ほど鼻を固定します。強い衝撃を与えないように注意しましょう。そして抜糸を行ない終了です。この施術法の場合は、鼻の通りが悪くなり、呼吸がしにくくなるという場合もあります。それぞれの美容整形の特徴や効果を知ると同時に、リスクも知っておくことでどの施術を受けるかという選択がしやすくなります。医師からも説明がありますが、事前に口コミサイトでも成功例・失敗例の体験談を見ておくと良いでしょう。メリットだけではなく、リスクも調べ、医師とのカウンセリングでしっかりと話し合うようにしましょう。また、アレルギーがあるかどうかも事前に伝えておくことが必要です。施術に関して何か不安が残る場合は、施術法を変えてみるという選択肢もあります。自分の希望をきちんと伝えつつ、医師からのアドバイスをもらって施術を選択しましょう。まずは口コミサイトやホームページから美容外科や施術法についての情報を集め、検討してみましょう。